【和訳】Baby Don’t Cut – B-Mike|ベイビー・ドント・カット(ベイビー傷つけないで) – Bマイクの歌詞

Baby Don’t Cut – B-Mike
ベイビー・ドント・カット(ベイビー傷つけないで) – Bマイク

She’s only 17, her whole life’s ahead of her
She hates school because the people there discredit her
Her boyfriend tries to show her that’s not how it seems
But every day she just gets lowered with her self-esteem
彼女はまだ17歳、長い人生がこの先にある
みんなが信用してくれないから学校は嫌いで
ボーイフレンドは彼女自身じゃない姿にしようとしてくる
それで毎日彼女は自分の自尊心がなくなっていくんだ

He lets her know that every night will have a brighter day
She even tried to overdose and take her life away
She’s feeling hopeless there just sitting down beside her bed
And then he takes his hand and places it beside her head
彼は彼女に、夜が来るたび、もっと輝かしい明日が来ると伝えている
彼女は薬まで飲んで、日常を忘れようとする
希望がないと感じていて、ただベッドの横に座っているんだ
そうしたら彼は手を動かし、彼女の手のそばに置いた

He tries to hold her, but with every touch she still resists
And then he sees the scars that bury deep within her wrists
She’s feeling numb, he starts to beg and plead and ask her why
She says this way she has control of pain she feels inside
彼女を抱きしめようとするけど、その行動の一つ一つを彼女は拒絶する
そして彼は彼女の手首に、深く刻まれた傷跡を見つけた
彼女は無反応、彼は謝り、その理由を彼女に尋ねた
彼女はこう言う、彼女の内側にある苦しみをコントロールするためだと

He’s asking her, “How long it’s going since you’ve felt this way?
Because you’ve got me here just feeling so damn helpless”
She says, “It’s been a while; I guess I needed better luck”
And then he screams at her and tells her, “Baby, never cut!”
彼はまた尋ねる “そんな風に感じるようになってからどれぐらい?
こんな無力感を味わいながら、僕と付き合ってるのかい”
彼女は言う “しばらく前から; きっと私にはもう少し運気が必要なのよ”
そしたら彼は彼女に大声でこう言った “自分を傷つけないで!”

[くり返し]
Nobody seems to get you, you feel you’re on your own
But listen, pretty lady, you don’t have to be alone
So baby, don’t cut, baby, don’t cut
You can do anything, just promise, baby, you won’t cut
I know your heart is hurting, you think the road has end
You may just feel that blade you’re holding is your only friend
But baby, don’t cut, baby, don’t cut
You can do anything, just promise, baby, you won’t cut
誰も君を理解していない、君は一人ぼっちだと感じている
でも聞いて、かわいい君、一人でいる必要なんてないんだ
だからベイビー、傷つけないで、自分を傷つけないで
君は何だってできる、約束してよベイビー、自分を傷つけないって
心が傷ついてるのは分かる、行き止まりだって感じてるんだろ
その突き刺さってる刃は君の友達だって感じるかもしれない
でもベイビー、傷つけないで、自分を傷つけないで
君は何だってできる、約束してよベイビー、自分を傷つけないって

The next day at school she’s feeling better than the day before
Even cracked a couple smiles as she walked the corridor
But all that seemed to end, she dropped her books as she went into class
And every student in the room just seemed to point and laugh
次の日学校で、彼女は前の日よりは少しマシな気分だった
廊下を歩いている時には少しの笑顔もこぼれたぐらいさ
それでも全ては終わりに見える、彼女は本を捨てて教室に入った
するとその部屋の生徒たちは、みんな彼女を指さして笑った

She couldn’t take it anymore, she sent her boy a text
She said, “I love you with my body, heart and soul to death”
He thought nothing, typed “I love you”; then he sent it
By death he didn’t know that she had literally just meant it
彼女はもう我慢できなかった、そして彼氏にメールを送る
彼女は言った “愛してるわベイビー、心も体も死へと向かってる”
彼は何も考えずにこう返した “愛してる”; そして送信した
死という言葉は、彼女は言葉通りの意味で言っているのだとは知らずに

She ducked the next class, ran home into her bathroom
Thought to herself she wouldn’t break her promise that soon
One cut… two cuts… three cuts… four
The blood just started dripping from the tub to the floor
彼女は教室を抜け出し、家のバスルームに駆け込んだ
彼との約束をこんなに早く破るなんてと思いながら
1つ切り… 2つ切り… 3つ切り… 4つ
バスタブから床に血が滴り始めた

Her boyfriend had a feeling in his stomach that he hated
He followed it and ran down to her house, he never waited
The front door was open, he heard the water running
He stormed into the bathroom, and his heart just started gunning
ボーイフレンドは胃の辺りに嫌な気分を感じていた
彼はその感覚に従い、彼女の家へ走った、躊躇はなかった
玄関は開いていた、彼は水の流れる音を聞いた
バスルームに駆け込むと、彼の鼓動が早くなるのを感じた

[くり返し]

He puts her arm around his shoulder, he’s trying to lean her back up
Yelling out her name as he lays her beside the bathtub
He feels his whole world just took a hit from a big avalanche
Screaming out so heavily, “Somebody call an ambulance!”
彼は彼女の腕を肩に回し、彼女の背中を抱え上げようとした
彼女の体をバスタブから引きずり出し横たえると、彼女の名前を叫んだ
彼の全世界が大きな雪崩にのみ込まれたように感じた
力いっぱい叫んだ “誰か救急車を呼んでよ!”

Felling mad angry, like somebody’s led her on to this
Her eyeballs are rolling, drifting out of consciousness
Thinking to himself “Why the hell didn’t she stop at will?”
The tears just keep on rolling as they head to the hospital
誰かが彼女を追いこんだ事に、彼は怒りでのたうち回る
彼女の目は焦点が合わず、意識の外へと流れていく
彼は考える “一体なんで、彼女は踏みとどまらなかったんだ?”
病院に向かいながらも涙がこぼれ続けた

Paramedics rush her in, doctor calls emergency
She’s lost a lot of blood, the place looks like a murder scene
An hour later, the doc walks in with a sour face
And says, “Excuse me for the words that I’m about to say
I’m sorry for your loss,” the boy just starts collapsing
His own world, his own girl just took a crashing
Saying to himself that it’s his fault and that he let it up
Baby, I thought you promised you would never cut…
救急医療隊が彼女のところに駆けつけ、医者が緊急コールをする
彼女はたくさんの血を失っている、まるで殺人現場のようだ
1時間後、医者は渋い顔で歩いてきた
そしてこう言った “今から言う言葉を落ち着いて聞いて
君が失ったもの、心苦しく思う” 彼はただ崩れてしまう
彼の世界、彼の中の彼女はただ崩れていった
彼は自分にこう言う、これは彼のミスだ、こうさせてしまったのは
ベイビー、もう自分を傷つけないと約束してくれたと思ったのに…

[くり返し]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。