【和訳】 4 Seasons – Rex Orange County | フォー・シーズンズ (四季) – レックス・オレンジ・カウンティ の歌詞

4 Seasons – Rex Orange County
フォー・シーズンズ (四季) – レックス・オレンジ・カウンティ

Who am I to judge
The people who don’t care for me
When I don’t care about them either?
And who am I to judge
The friends that I once thought I knew?
俺の事なんか気にしてない人を
裁くなんて、俺は何様なんだ
俺もそいつらなんかどうでもいいとしたら
友達だと思ってた奴らを裁くなんて
俺は何様なんだろう?

They’re all off doing what they wanna do
I’m falling to pieces
When I’m on my own
Even though I’m a walking emotion
And I can’t go a day without you
I saw myself as less and you so high above me
But I hope that you can learn to love me
みんな自分がやりたい事をするだけ
俺一人でいる時は
俺の心はバラバラになっていく
まあ俺が”歩く感情”みたいな男だとしても
君がいなけりゃ1日だって過ごせない
俺は下で、君をとても高い所に感じてた
でも、君も俺を愛する方法を覚えてくれればと思ってる

Four seasons, they’ve flied by
And I cry, usually in the evening
Before I calm myself and start sleeping
And I’ma sleep in, cause each weekend is like a Monday to me
She stay behind the bar at work
So I’m getting Redbull for free
And I’m so bored of being awkward
四季は、飛び去っていく
そして俺はだいたい夜に、泣いている
自分で落ち着いていく前に眠ってしまう
そして眠ったって、週末だってずっと月曜日みたいに感じるんだ
彼女はバーのバックヤードで働いてる
だから俺はレッドブルを無料で貰えるんだ
でもそれで変な感じになるのはもう嫌なんだよ

I hit my head against a door
Oh, now she made me much less awkward
I’m not so awkward anymore
And I’m flying back to LA
And I can’t wait for her to see
And I’m not fucking with first class
But I’d sure like a sleeper seat, so
I’ll find a spot that’s just for me and see if I can cope
Without an ounce of pain, without an ounce of pain
ドアに頭を打ち付ける
ああ、彼女がいればずっとマシな俺でいられるんだ
もう俺は変な感じじゃない
だからL.A.に飛んで帰るのさ
彼女に会うのが待ちきれないから
ファーストクラスには乗らない
それでも快眠シートに座ってるみたいなんだ
俺の為だけの場所を見つけるよ、そこでうまく落ち着けるかやってみる
少しも痛みもなく、少しの痛みもなく

Now that you’re around, I pray you don’t go
And we don’t even need to mention all the things that matter
Or anything you’re stressing ‘bout
Just tell me why your day was good
And love me after hours
Now that you’re around, I pray you don’t go
Cause since you made me social, I’m no longer eating solo
君がそばにいると、もう行かないでと願ってる
何がどんな状態だとか
何にストレスを感じてるとか、言う必要すらないんだ
今日がどんな素敵な日だったかだけ言ってくれ
それから何時間も俺を愛してくれ
君がそばにいると、もう行かないでと願ってる
君が俺をまともにしてくれる、もう孤独を噛みしめることもない

I said thank you, and thanks bro with the wet shirt in the front row
Sweat shirt that’s young me playing Erykah, afro *
Way back, back when I would have worn a snapback
But fuck that, fuck that
And I hate myself for what I’m ‘bout to say
But I feel as if it’s time to get away
I’ll find a spot that’s just for me and see if I can cope
Without an ounce of pain, without an ounce of pain
君に感謝を言うよ、ありがとう、最前列にいる濡れたシャツを着た君
汗かいたシャツ、俺がエリカのアフロを演奏してた若かりし頃
少し前に戻って、俺がキツく怒られてた頃さ
でもどうでもいい、そんなのどうでもいい
今俺が口にしそうにしてる事は言いたくないんだよ
俺の為だけの場所を見つけるよ、そこでうまく落ち着けるかやってみる
少しも痛みもなく、少しの痛みもなく

[くり返し]
I said the likelihood just frightens me and it’s easier to hide
But I can’t ignore it endlessly, eventually things die
But if only he’d remember my name one final time
[x3]
可能性はただ俺を怖がらせるだけだから、隠されてる方がいいんだ
でもそれを永久に無視し続けることはできなくて、最終的にそれは壊れてしまう
でも彼が俺の名前を最後の一瞬まで覚えていてくれたらいいんだが

All the things that matter
Or anything you’re stressing about
Just tell me why your day was good
And love me after hours
Now that you’re around I pray you don’t go
Cause since you made me social, I’m no longer eating solo
色々な事の状況とか
君が何にストレスを感じてるのかとか、
ただ今日はどんないい日だったかを教えてくれ
そしてそこから数時間俺を愛してくれ
君がそばにいると、もう行かないでと願ってる
君が俺をまともにしてくれる、もう孤独を噛みしめることもない

[くり返し]

* Erykah, afroの意味:Erykahはエリカ・バドゥの事。黒人女性歌手で、大きなアフロヘアーが印象的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。